笑いヨガをやっていて本当によかった!

Updated: May 19

オンラインサロン笑い道は、コロナ禍で笑いヨガが顔を合わせてできなくなったことにより、始めたオンラインサロンです。


もちろん、顔を合わせて笑う方が気持ちが良く楽しいのです。


できないからといってやらないのではなく、どにようにしたらできるかの一つの案としてオンラインサロン笑い道を始めましたが、実は全国の人が簡単に集えるという意味では、たいへん良いものです。


サロンのイベントの1つである月例会(ルナ会)では、メンバーのお話をじっくり聞く会をやっています。

過去のルナ会でのお話の一部は、笑い道ブログの「笑い人」のコーナーで紹介しています。


2022年4月のルナ会は、愛媛県大洲市の仲尾幸枝さんのお話でした。





彼女は笑いヨガで活躍していましたが、災害やら突然の九死に一生の病気やらで、たいへんな災難が降りかかってきたのです。


ビックリの災難続きも笑いヨガをやっていたおかげで、助けられたとお話されました。


具体的には、災害の際は笑いヨガの関係で水や食事やいろいろと助けてくれたこと。

そのことにより、感謝の気持ちがあふれ出て、心の立ち直りができたこと。


病気で最初は落ち込んだけど、「できなくなった」より「今できること」に意識が向くようになったのは、笑いヨガのおかげとのこと。


もちろん、笑いヨガの考え方や、からだへの健康効果は、彼女を内側から支えたものでした。


笑いヨガを学び、実践していたことが、こんなにも人のピンチを助けるのだ!!

感動をたくさんいただけたお話でした。


笑いヨガを、身につけておくことは、とても大事だと思います。

一般的な学び方は笑いヨガリーダー養成講座への参加がお勧めです。



笑いヨガリーダー養成講座の詳細はこちらから



笑いヨガリーダー養成講座の日程とお申込みは、オンラインショップから


素晴らしい仲間と、笑って学ぶオンラインサロン笑い道はこちらから

39 views0 comments

Recent Posts

See All