日本笑いヨガ協会

koreisya jissenkouza

幸齢者笑いケア®実践講座

 

 

みんなが笑顔で信頼しあえる「技術」×「マインド」を育くむ

幸齢者の笑いケア®実践講座

これひとつで「レクリエーション」「体操」「口腔機能向上」「会話の活性化」ができる!

 

「ご高齢の利用者様の尊厳を大切にし、QOL(=生活の質)の維持・向上を図り、充実した生活をお手伝いしたい」
「できるだけ笑顔で過ごして欲しい」「お一人お一人のニーズに応えたい」「安心・安全の場を提供したい」といった理想はあるでしょう。

しかし、高齢者介護現場の業務は、業務は多岐に渡り、嚥下や転倒といった生死にかかわる事故を避けなければならず、どのような介護サービスを提供しているにしろ、慢性的な人材不足や多くの課題の中で理想通りにはいかないことも多いです。

 

やっぱり笑顔でいたい 

それでも、人生の終焉の時間をご一緒させていただく限りは、はやり毎日を明るく楽しく過ごしていただきたいものです。

そのためには、介護者は、介護施設で働く職員であっても家族・ボランティアであっても、まずは自分自身が元気で笑顔でいられる方法を身につけければなりません
それができることで、地域やご家族、もちろん高齢者の方々自身に、良い影響を与えられるようになるはずです。

 

私たちは、笑いヨガを通じて介護現場や介護予防にお役に立ちたいと考えてきましたが、笑いヨガリーダー養成講座の中では、90分程度しか高齢者の笑いヨガを学ぶ時間が取れず、安全で効果的な高齢者に向けた笑いの体操や、対象者に応じたセッションの組み立て方等を学ぶ2日間の講座「幸齢者の笑いケア®入門講座」を実施してきました。

しかし、それでも、高齢者の笑いを十分に引き出せる笑いヨガが誰でもができるというわけには行きませんでした。何が足りないのかを考え続けました。


 

笑いは心を通わせる

「朝からご飯食べてません。助けてください」、「早く家に帰られないと」と悲痛な表情で訴える認知症の方、放置すれば動かなくなるので一生懸命説得しても「運動はもういい」とやろうとしない人、食事の前の「パタカラ」をやろうとしないで誤嚥してしまう人、そんな方々が笑顔を見せて、喜んでやるのが笑いの体操です。

レクリエーションも介護予防体操も誤嚥予防の体操も、効果が出せるのが笑いの体操です。
おまけに、一緒に笑い合うことで、親近感を感じコミュニケーションが良くなります。
「笑い」を体操と割り切って身体を動かしてもらえば、体も心も変化します
高齢であればあるほど、自覚しやすく積極的に取り組んでくれます。

幸齢者笑いケア実践講座申込


 

幸齢者笑いケア実践講座の特長

 

おもしろくなくても笑う、笑えば心も身体も変化するという「笑いヨガ」のメカニズムを最大限に活かした高齢者向けの体操で、「美味しく口から食べる」「自分の足で歩く」「いつもごきげん」というコンセプトで、「幸齢者の笑いケア入門」講座をやってきましたが、そこに足りなかったのは、忙しい介護者が、何も考えずにできることでした。

 

やる手順を決めてしまうと、一方通行になり、対象者の反応に応答できなくなるのではないか考え、リードする人の自主性を大切にしてきたのですが、他の多種多様な仕事の中で、準備するのは大変なことでした。
そこで、自分で考えなくても、即興的にご高齢の対象者の方の反応を得られ、双方向のコミュニケーションができるプログラムを考えました。

 

 

マインドを育てる

 

 笑いの体操は、レクリエーションや体操でそのまま使える教材を準備しました。
それを、どう使いこなすのかということを、DVD教材を使用して1日、徹底的に練習します。

高齢者施設等で笑いヨガが取り入れられているところも多いのですが、何をやればいいのかわからない、マンネリ化をどう避けるのか、一方通行になってしまう、出来る人とできない人がいる場合どうすればよいのかという問題がありました。

 大切なことは、ご高齢の方々も職員も皆が笑顔でいるために、笑いの体操でどう運動するかです。
筋肉は使わなければ衰えます。表情筋や呼吸筋を笑いの体操で、どうやって動かすかというだけなのです。

笑って楽しそうな高齢者たちであふれる施設の雰囲気をどうやって作るかというマインドを皆で育てていのが、この新講座です。

自分自身が、介護の仕事を通じて成長したいと考えている方にご参加していただきたいと思います。

介護をしている人が笑顔で毎日を過ごしてもらいたい、少しでも良い心身の状態でいていただきたいと本気で考え、高齢者の方々との信頼関係を大切にしたい方と、一緒に作っていく講座になります。

 

jissenngahajimari

 

 高齢者ケアの現場でプロトタイプとなる2つのプログラムの教材を用意しています。
それぞれの教材を使って学び、高齢者の皆さんが、自主的に積極的にそのプログラムを発展させていくサポートをし、
その発展形を新しいプログラムにするチーム作りもしたいと考えています。

 

 

幸齢者笑いケア実践講座申込

 

 

◆一寸法師編◆
日 時:2019年11月2日(土) 10:00~17:00(9:30受付開始)
会 場:日本笑いヨガ協会

◆桃太郎編◆
日 時:2019年11月4日(祝) 10:00~17:00(9:30受付開始)
会 場:日本笑いヨガ協会

参加費:18000円+税 ※教材込・昼食付
※すでにDVD教材をご購入の方は5000円引きです。

対 象:笑いヨガリーダー/笑いケアサポーター(幸齢者笑いケア入門受講者含む)
※もしどちらも受講されていない方でも受講可能ですが、事前にご相談ください

 

幸齢者笑いケア実践講座申込